新着情報

出来る条件がある

運動不足が引き金に

安定期に入るとつわりも収まり、外出が増えてくる頃です。この時期は負担にならない程度の運動を取り入れるチャンスです。妊娠六か月を過ぎた頃は体重もピークになるため、ウォーキングで体重増加をシャットアウトしましょう。運動不足を解消すると余計な脂肪がつかなくなるので妊娠線の予防に繋がります。

バストが大きくなっても危険

妊娠六か月を過ぎるとお腹と同様に胸も発達してきます。これは赤ちゃんに母乳を飲ませるための前準備で、正常な働きです。この時も胸が大きくなったことで妊娠線が乳房に現れることがあります。そのためクリームでのケアが欠かせなくなります。

乾燥肌の人は要注意

パリパリに乾燥した肌は、柔軟性がないのですぐに妊娠線が出てきてしまいます。逆に皮膚の柔軟性が長けていると体重増加をしてもすぐに対応ができるので乾燥肌の人よりは発生しにくくなります。乾燥しがちな肌の場合は、保湿成分配合のクリームで肌ケアをしましょう。

小柄な妊婦さんは要注意

大柄な人に比べ、身体が小さい人は皮膚の面積が狭くなるので妊娠をした場合、お腹が急成長すると皮膚が過剰に引っ張られます。また、腰回りに肉がつくと妊娠線が出やすくなるため、早めに対処する必要があります。

広告募集中